入会する

  • HOME »
  • 入会する

舞台美術研究会に入会するには

舞台美術研究会は、新歓期だけではなく、いつでも入会することができます。
所属・大学・学年・性別などは問いません。
舞台スタッフをやってみたい! という志がある方は、いつでも歓迎します。

よくあるご質問

Q 舞台美術研究会はどういう組織なのでしょうか?
A 基本的には他団体から依頼をいただき、美術か照明のどちらかで公演のお手伝いをする団体です。
例外は年2回あるぶたび主催の公演で、これらの公演では美術照明のみならず、
「どのような芝居を打ちたいか」といったコンセプト部分から芝居を作り上げることになります。

Q 活動頻度を教えて下さい。
A 定例の集会が月に一度あります。
集会では依頼の振り返りや、今後の依頼についての確認などを行います。
そのほか、依頼された公演の準備(「仕込み」・「バラシ」)を手伝うことが活動です。
依頼は不定期で、時期によって月0〜4件程度までまちまちです。

Q 「仕込み」と「バラシ」について教えて下さい。
A 公演は通常、劇場やアートスペースを数日間借りて行われます。
まっさらな状態の劇場に、公演を打つための舞台を建て込む・吊り込むのが「仕込み」で
それを解体してもとの状態の劇場に戻す作業が「バラシ」です。

ぶたびは、早稲田大学の劇団からいただく依頼が多いのですが、その場合は、
仕込みは月曜日に朝8時頃〜夜22時ごろまで丸一日かけて行われ、
バラシは日曜日に夕方〜夜から開始し21時ごろまでに終わるのが定番です。

とはいえ、月曜仕込み・日曜バラシでない公演の依頼を受けることも多く、
また建て込み・吊り込みの量によってもタイムスケジュールがかなり前後するので、
他の曜日や時間に仕込み・バラシをすることもよくあります。
もちろん、途中抜け、遅入りなども可能です。

Q 忙しいのでしょうか。
A 忙しさに関しては不定期で、ある程度自分でコントロールすることは可能ですが、
きちんと技術をモノにしようと思えば、月1〜4日程度は仕込み・バラシを手伝うことが必要になるかなと思います。
また、依頼の担当者に決定(「メンツ入り」)すれば、芝居の2週間〜1周間前からは忙しくなることが多いです。
ただ、メンツ入りしても、チーフではなくサブチーフになったり、
照明だったらステージ付きやピンスポット操作などのセクションを選べば、時間の融通はある程度きかせられます。
チーフになれば(もちろん芝居の内容や建てこみ・吊り込みの量によっても変わりますが)だいたい芝居直前は忙しいです。

しかし、その分公演への関わりは大きいし、充実感ややりがいもあります。
ひとつひとつの公演や、役者さんやスタッフさんと関わることが大切な思い出になりますし、
学年を経てもつねに学ぶことや失敗もあって、人間的な成長もあるなあと感じています。
たとえば夏休み期間だけメンツ入りし、その他の授業のある期間はメンツ入りせず手伝いだけに回る、といったように
ある程度調整することは可能なので、ぜひ恐れずに舞台裏の世界に足を踏み入れてもらえればな、と思っています。

お気軽に新入生担当までご連絡ください。お待ちしています!

新入生担当 butabi.welcome@gmail.com

 

 

  • twitter
Copyright © 舞台美術研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.